2×4スチールハウス(CFS工法)とは

有料老人ホーム

『2×4スチールハウス』CFS(コールド・フォームド・スチール)工法で建てた建物

世界で注目を集める新工法CFS工法


先進国で選ばれている工法

アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、韓国、 日本、オランダ、スウェーデンなど安全・環境に厳しい国々で採用




木造2×4の枠材をスチールに置き換え

スチールの枠材(構造躯体)は、亜鉛めっきした軽量形鋼を使用し、木造2×4に比べると強度・耐久性が高い
木造と違い白アリや害虫に強く基礎が虫による被害を受けにくいメリットがあります。

2×4スチールハウス細部
2F床02



コストパフォーマンスが高い工法

木造よりも強度・耐久性が高く、RC・重量鉄骨よりもコストが低いので、品質と価格のバランスが優れている

OKUIEイメージ